ガジェット

バタフライロボットは子供たちに描画の基本を教えます(2ビデオ)


子供たちに絵の基本を教えることは新しい助けになります同じ名前のスタートアップによって開発され、Kickstarterクラウドファンディングプラットフォームで起動されたDrawBoガジェット。ロボットバタフライの形で作られた個人的な描画教師であるDrawBoは、子供たちをコンピューターからそらし、鉛筆と紙などの従来のツールを使用して描画スキルを植え付けます。

DrawBoロボットが動作するだけです2〜3分。垂直面には、ホワイトボード、1枚の紙、またはロボットが描画レッスンを実行できる別の面を固定する必要があります。表面の上部の角で、DrawBoキットに付属のフックの1つを接着し、コードをそれらに取り付けます。コードは、ロボットの移動システムに接続されます。コード出口の長さを交互に変えることで、バタフライロボットは表面全体を「飛んで」描画します。


メカニカルドローイングティーチャーの中心にロボットバタフライの平面に垂直に、マーカー、鉛筆、またはペンが挿入される穴があり、書き込み端によって描画面に向けられます。 DrawBoは、電気ネットワークから移動用のエネルギーを受け取り、特別なアプリケーションで指定されたプログラムに従って表面に沿って移動します。


を使用して子供たちを教えるための方法論の基礎DrawBoは、図面を個別の連続したストロークに分割します。人工知能で制御されたロボットを追いかけて描くことで、子供はスマートフォンの専用アプリケーションで提供されるスタートアップが提供する500の図面の例を使用して、図面の基本を習得することができます。このアプリケーションを使用すると、図面のサンプルを選択できるだけでなく、ロボットの移動速度を制御することもできます。これは、さまざまな程度のトレーニングとさまざまな年齢の子供を教えるために必要です。

開発したカリフォルニアチームバタフライロボットは、Yahoo、Oracle、Microsoftなどの有名企業とすでに協力しています。新しいDrawBoデバイスはKickstarterで149ドルで注文でき、最大200ドルで販売されます。

ソース:kickstarter