ガジェット

スタンフォードが後援する10KPPIディスプレイ


最も物議を醸している技術的指標の1つ-画面の1インチあたりのピクセル密度は、スマートフォンメーカーが広告目的でよく使用しますが、消費者にとって実際のメリットはありません。モバイルデバイスの小さな画面では、人間の目で400ピクセル/インチ(PPI)と800ピクセル/インチ(PPI)の違いを区別することは困難です。

ピクセル密度の増加は、次の場合にのみ顕著になります。画面をユーザーの目に近づけます。最も一般的なのは、VRテクノロジーを使用するデバイスです。たとえば、ほとんどのVRメガネは、ユーザーの目から1インチ以内にディスプレイを配置するため、500PPIでもピクセルを簡単に確認できます。

発明されたサムスンとスタンフォード大学の研究者による10,000PPIのピクセル密度を持つ最新のOLEDスクリーン。本発明は、例えば、ギターの本体が弦と共振して異なる音を生成する場合の、音の共振などの現象に本質的に類似している光の共振の使用に基づいている。

新しい画面では、光はナノスケールで共振します2つの特別な表面の間のレベルで、OLED白色光源から異なる色を作成します。異なる色の光波は非常に小さいため、この方法を使用して、研究者は小さな色の「ピクセル」を作成することができました。

本発明は現在進行中であるプロトタイプのテストとそのようなディスプレイの大量生産を開始する時期はすぐには来ません。ただし、商用の10,000 PPIディスプレイの場合、OLEDディスプレイ業界は世界的な変革を遂げ、没入型の仮想現実技術、膨大なピクセル数のテレビやスマートフォンを実現します。

ソース:phonearena

EU向けのFacebook通知! FBコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。