ニュース

発表。中国向けSnapdragon 460のOPPO A32

適度に安価なスマートフォンが中国で発表されましたOPPOA32。概して、これはインド/インドネシアおよび他のいくつかの国で販売されているOPPOA53スマートフォンのほぼ正確なコピーです。中国人との主な違いは、フロントカメラが弱いことです。色はわずかに異なり、メモリ量の他のバリエーションもあります。しかし、これについては、いわば違いは終わります。

販売開始時の価格-1199円(₽13300、175ドル)バージョン4+ 128 GBおよび8+ 128 GBの場合は¥1499(₽16,700、$ 219)。唯一興味深いA32は、Qualcomm Snapdragon460チップセットをベースにした世界初のスマートフォンの1つであり、最初はOPPOA53でした。

Snapdragon 460はチップセットの後継者ですSnapdragon 450、2017、約90,000 AnTuTuポイント-当時は非常にまともなチップセット、堅実な予算、またはさらに低い平均。特性の点では、Snapdragon 460は昨年のQualcomm Snapdragon 665と非常によく似ています。同じGPUで、似ていますが、コアがやや弱いなどです。

Snapdragon450のようなSnapdragon460もかなり安価なデバイスに焦点を当てました。 AnTuTuに関する十分な統計がありません。およそ140,000ポイント、プラスまたはマイナス。正直言って、印象的ではありません。明らかに、オウムだけではありません。しかし、すぐにスマートフォンの価格がわずかに高すぎるという疑いが生じ始めます。

私はすでに記憶について言及しました。 4またはGBの運用LPDDR4X、128GBの永続的なUFS2.1。メモリカードのサポートについては触れられていませんが、OPPO A53と同様に、ここにあるはずです。

画面。大きく、リフレッシュレートは90 Hzですが、解像度は高くありません。 6.5インチ、前面カメラ用の穴があるIPSマトリックス、720×1600ピクセル(270 ppi)。

バッテリーは問題ありません、バッテリーは大きいです。 5000 mAh、18Wの高速充電でも。

カメラの場合、いつものように、最初のレビューを待つ必要があります。しかし、メガピクセル数は疑わしいほど少ないです。フロントは8MP、リアは13 + 2 + 2MPです。ですから、カメラはかなり基本的なものだと思います。

NFCサポートなし、USBType-C。 Wi-Fiデュアルバンド

OPPOA32が中国国外に出現する可能性についての情報はありません。

OPPO A32の主な機能:

画面S-IPS、6.5インチ、720×1600、270 ppi、90 Hz、センサーポーリングレート120 Hz、16M色、タッチ、容量、マルチタッチ
IronQualcomm Snapdragon 460
1.8 GHz、4 x Kryo 240(Cortex-A73)、4 x Kryo 240(Cortex-A53)、Adreno 610
メモリRAM4〜8 GB、ROM 128 GB、Micro-SD、LPDDR4X、UFS 2.1
モバイルインターネットLTE
HSDPA、HSUPA、TD-SCDMA

モバイルネットワークLTEバンド1,3,5,8,34,38-41
UMTSバンド1(2100)、5(850)、8(900)
GSMバンド2(1900)、3(1800)、5(850)、8(900)
CDMA 800
TD-SCDMA
バッテリーLi-Ion、5000 mAh、急速充電18.00 W
寸法163.9 x 75.1 x 8.4 mm
重量186 g
背面カメラ:トリプル、フラッシュ、オートフォーカス

-13 MP、f / 2.2

-2 MP、マクロ、f / 2.4

-2 MP、深度センサー、f / 2.4
フロントカメラ:8 MP、f / 2.0、フラッシュなし、オートフォーカスなし
ナビゲーションGPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
OS Android 10、ColorOS 7.2
センサー加速度計、コンパス、アプローチ、照明、指紋スキャナー(背面)
USBType-C v2.0、USB-OTG

ジョージ・キセイェフ